結婚を機に思い切って新築一戸建てを購入することとなりました。

すぐにでも二人の生活を始めたかったこともありましたし、購入する前に実際に住宅の中や外観を見たかったですし、注文住宅は費用もかなりかかりそうなので、話し合いの自然な流れで建売住宅になりました。

駅をほとんど利用することがないので、土地選びには苦労しませんでした。

場所はお互いの職場の近くに落ち着きました。

とくに住宅に関してこだわりのなかった主人が、間取りで唯一こだわった部分が、お風呂場への動線や、上の階へ上がる為の階段がリビングを通らなくても行けるように、リビングと接していないことでした。

主人の実家が、そうゆう間取りだった為にお客様がリビングにいると、お風呂に入りにくかったり、友達を上の階の自分の部屋へ案内するときにリビングを通ってもらうと、家族と友達が必ず顔を合わすことになるので、気まづく感じて嫌だったそうです。

私のこだわりはリビングに接して和室があることでした。これのおかげで、子供のお昼寝をさせやすいです。